ヘッダ画像 筑波技術大学機関リポジトリ
 

リポジトリ登録案内

●リポジトリへの登録について

筑波技術大学機関リポジトリでは、筑波技術大学の研究者の方の研究・教育成果を収集しています。
収集されたコンテンツは、インターネットを通じて世界中に情報発信・公開されます。
機関リポジトリに研究成果を登録することで、Google Scholar や CiNii などの学術系検索エンジンからも検索されるようになり、研究成果の視認性やインパクトを高めることができます。

リポジトリ登録に関するリーフレットはこちらからご覧ください。


●対象コンテンツ

筑波技術大学で行われた教育・研究から生まれた学術的成果が対象になります。
具体的には、学術雑誌掲載論文、紀要論文、報告書(科学研究費補助金、学内プロジェクト等)、テクニカルペーパー、学会発表スライド、授業教材、学位論文などです。


●リポジトリに登録するには

  • 筑波技術大学機関リポジトリ登録書をご記入下さい。
  • ご記入いただいた登録書と研究成果の電子データを図書館までお持ちいただくか、メールでお送り下さい。
  • 登録書を印刷して提出する場合は、申請者氏名は自著するか捺印してください。電子メールで提出する場合は、"tsukuba-tech.ac.jp"で終わるメールアドレスから送信してください。
  • 電子データをお持ちでない場合は、冊子や抜き刷りなど紙媒体のものをお持ち下さい。図書館でスキャン・電子化いたします。
  • その他詳細は筑波技術大学機関リポジトリ登録要項をご覧ください。

●著作権について

  • インターネット公開するために、リポジトリ登録の際は著作権(複製権・公衆送信権)の許諾をいただきますが、著作権そのものは移動しません。
  • 共著者がいる場合は、登録の前に共著者の方々の許諾を得ていただく必要があります。
  • 学術雑誌掲載論文でリポジトリへの登録が認められているかどうかわからないという場合は、図書館にご相談下さい。また、以下のページで確認をすることもできます。

    学協会著作権ポリシーデータベース(SCPJ)
    SHERPA/RoMEO - Publisher copyright policies & self-archiving
 
筑波技術大学機関リポジトリ(NTUT Repository)へようこそ! 本学における研究・教育成果を公開しています。

コンテンツの利用について
筑波技術大学機関リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社(学協会)などが有します。データの複製(印刷・ダウンロード等)は,調査研究・教育または学習を目的としている場合に限定されます。利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
(参考)
文化庁:著作物が自由に使える場合